豆柴レオナの日記

黒毛の豆柴レオナの飼い主である管理人のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歯石除去に行きました。

9月25日、レオナの歯石を取りに病院へ行ってきました。

前回のワクチン接種の時、歯石除去についてお医者さんに相談すると、
基本的に麻酔は体に負担をかけるので、麻酔無しで出来るならそれに越したことはない、
レオナちゃんは大人しいので、麻酔無しでも出来るんじゃないかと言っていただき、
喜んで(不安を感じつつ)、出かけました。

診察台に上がっても、、大人しくしていられました。
看護婦さんに押さえつけられても、大人しくしていられました。
しかし超音波スケーラーを歯にあてられると、最初は我慢しましたが、
とうとう動いてしまいました。
先生はおかしいなぁ。いつも大人しいのになぁ。なんて言っていましたが、
あれは無理でしょ。音も怖いし、多分痛かったでしょ。なんて思ってしまいました。
結局、手用のスケーラーで少しだけガリガリ引っ掻いてもらい、
それもレオナは歓迎出来るはずもなく、何となく少し綺麗になって帰ってきました。

取り敢えず歯磨きは毎日して、歯の裏側などに付いてしまった歯石については、
いつか、麻酔をかけて取ってもらおうということにしました。

何だかついていない日曜日のレオナでした。
スポンサーサイト

テーマ:柴犬 - ジャンル:ペット

混合ワクチン6種

動物病院に行き、今年も予防注射を打ってもらってきました。


家を出るときです。
レオナは、キャリーバッグもスリングも大好きです。
とにかく出かけるのが好きで、自分から入りこんできます。


左がタクシーの中、右が病院の待合室です。
タクシーの中で病院に向かっているのが判ったようで、
緊張した顔になりました。

病院でも終始緊張です(^_^;)。


先週、小淵沢に旅行に行きました。
旅行の様子はHPUPしてあります。

テーマ:柴犬 - ジャンル:ペット

フライドチキンの骨(>_<)

金曜日の朝、いつもの様にレオナさんと散歩に出かけ、
近所の公園に走りこんだ時、事件は起こりました。

植え込みの中に顔を突っ込んだレオナさん、
再び顔を出した時には、長さ8cm~10cm程の茶色いものをくわえていたのです。

この公園、毎朝、お菓子の食べ残しやら、弁当の残り物やらが平気で地面に捨ててあるので、気を付けてはいたのです。
しかし、いつもそういった物が散らばっているのは、ベンチ周辺。
フライドチキンの骨があったのは、入ってすぐの植え込みの中、油断しておりました。

おもちゃなどであれば、「アウト」のコマンドでくわえたものを放してくれるレオナさんなのですが、フライドチキンの骨は別でした。
無理やり口を開こうとしたが失敗、こっちの手からは出血。
持って行った餌をポケットから全部出して、目の前に山盛りで置いてみたけど、フライドチキンの骨には勝てず。
首根っこ掴んで振れば良かったのですが、それも思い浮かばず、長さがかなりあったので、飲み込んでしまうことはないだろうとたかをくくり、走って家に帰りました。
家に着きMAMAが出てくるとレオナさん、MAMAの手を噛んだ後、なんと慌ててゴックンと飲み込んでしまったのです。
焦りました・・・。が、平気な様子のレオナさん。
しばらく様子を見ましたが、普段と変わらないので心配しながらも、仕事に出かけました。

早めに仕事を切り上げ帰宅すると、やはりいつもと変わらぬレオナさんがおりました。
ホッと胸をなでおろし、PAPAの部屋に入りメールチェック等をして部屋の外に出てみたら、嫌な匂いが充満。胃液を吐いた後が2ヶ所ありました。
そして、リビングをよ~く見回してみると他にも吐いた痕跡が・・・・・。
慌てて病院に連れて行きました。

病院でレントゲンを撮ってもらったところ、胃の中に内容物が残っており確認が難しいが、そんなに大きな影は写っていないので、かなり消化してしまっている可能性が強く、吐かせたりすると喉に刺さってしまうことも考えられるので、様子を見て、明日またレントゲンを撮りましょう。ということで、吐き気止めの薬と水分を注射してもらい、帰宅しました。
そして今朝、また胃液を吐いた跡がありました(>_<)。
その後、朝一で病院へ直行、レントゲンを撮りました。


結局、大きな異物は写っておらず、「吐き気止め」「整腸剤」「下痢止め」を処方してもらい、しばらく様子を見ることとなりました。

病院の帰り、南千住汐入公園を通り「TacoTime」で昼食をとり、隅田川沿いを散歩しながら帰途につきました。




しばらく少し心配ですが、レオナさんはいたって元気な様子です。

テーマ:柴犬 - ジャンル:ペット

レオナさん倒れる、そして光タワー現る。

レオナさん、最近便秘気味だなぁと思っていた。
10月3日の朝、久しぶりに便が出て喜んだのも束の間、どうも柔らかい。
結局その後も下痢が続きぐったりしてしまい、おまけに後ろ足まで動かなくなり、
10月5日の朝一番、病院に連れて行くことと相成りました。

便を調べると細菌だらけ、足が動かないのはお腹が痛いのを庇っているからではないか?という診断をいただき、夕方まで様子を見るように言われ、注射を打ってもらい薬を処方していただき一旦家へ戻る。
仕事は在宅勤務として、レオナさんに付き添う。

家に戻ったレオナさん、丸くなったままでまったく動かない。
病院の先生の言いつけ通り、夕方5時になったのでエサの用意をしていると、
フラフラしながらびっこをひいて歩いてきた。
ほんの少しのエサと薬を食べ終えると、その場にグッタリ。
こりゃ駄目だと、今一度病院へ。

今度は血液検査とレントゲンを撮っていただく。

血液検査の結果、白血球は多いが他に異常は見当たらない。
レントゲンの結果は、腸に異常はないだろうということで、ホッと一安心。

ただ、右足の付け根の間接が緩い事が発覚。
それで、体が弱ると普段庇っている足が庇いきれなくなるのではないか?
という診断をいただく。
後日、レントゲンの専門の先生がいるときにもう一度検査をすることとなる。

夕方に飲んだ薬が効いたのか、その後急速に元気になり、
6日の朝にはいつものレオナさん復活!
5日の午後からずっと出なかった便も8日の朝の散歩のとき解決!


結局下痢の原因は不明のまま。
散歩の途中で何かを拾い食いした可能性が高いのかなぁ?って思っております。

足が麻痺した時には、毒団子でもばら撒かれていたんじゃないか、
このまま動かなくなってしまうじゃないかと本気で思ってしまった。


以上が先週末の出来事。


そして、

10月6日の夜、新東京タワーの「光タワープロジェクト」がありました。
実際建設されたときのタワーがどこくらいの高さになるか、光線で表してみようというものです。
有志の方々の努力の結果、幻想的なものを見せていただきました。
光タワー1.jpg
我が家のバルコニーから撮影
元気になったレオナさん.jpg
最後は「元気になったレオナさん10月9日朝」です。

テーマ:柴犬 - ジャンル:ペット

フロントライン交換

07-7-31_byouin_1.jpg
フロントラインを他の薬に交換するため、動物病院へ。
レオナさんは例のごとくビビッて、中々キャリーバッグから出てこない。


07-7-31_nomidani_1.jpg
これが交換してもらったバイエルン社の新製品「プラク-ティック
まだ発売されて間もない薬なので、臨床結果もあまり出ていないということ。
先生に色々相談に乗っていただき、この薬を試して見ることに。


07-7-31_guttari_01.jpg
薬を付けられた場所を気にして、落ち着き無く動き回り、
少しぐったりしましたが、フロントラインの時より早く立ち直ったので、
ひとまず安心
今回の結果を先生に報告して、これからこの薬を使って行くか相談します。
多分、この薬を使って行くことになりそうです。

テーマ:柴犬 - ジャンル:ペット

フロントライン

あのテレビコマーシャルでもお馴染みの、
ノミ、ダニ予防のフロントラインです。
首筋に垂らしましたよ。

frontline_1s.jpg


レオナさん、落ち着き無く歩き回っては、バタン
床に首筋を押し付けようとしてもがく。
また、落ち着き無く歩き回っては、バタン
またまた、床に首筋を押し付けようとしてもがく。
この繰り返しですよ。orz2.gif


frontline_2s.jpg


体の中には吸収されないって病院の先生が言ってたけど、
何だかおかしな感じらしいです。bikkuri01ani.gif


前回のときは、こうなる前に激しく走り回ったんだけど
今回それは省略。ase


病院の先生は、今回おかしかったら他のに変えて見ると、
言ってくれたけど、変えたほうがいいのかな。

そうこうしているうちに病院から電話をいただき、
やっぱりおかしいので、
他のに交換してみるということに相成りました。ashiato02.gif


テーマ:柴犬 - ジャンル:ペット

狂犬病予防注射

昨日、狂犬病の予防注射を打ってもらいに、
動物病院へ行って来ました。

駅で言えば、3駅分離れた鐘ヶ淵というところに
あるのですが、院長先生以下とても優しく良心的で、
大変気に入って通わせてもらっている病院です。

レオナ注射が嫌いでした。
多分今でも嫌いです。
初めて注射したとき(これは他の病院だったのですが)、
病院中に響き渡るような叫び声をあげてしまい、
しばらく興奮が収まりませんでした。
次のときは痛くなかったのか
注射をしたときは平気な様子でしたが、
注射器を見た瞬間、また叫び始めてしまいました。

それでも最近は良い子にしていられる様になったのですが、
病院嫌いは相変わらず。

病院に着いて、キャリーバッグから出そうとしても
全然出て来ようとしません。
仕方なく病室までキャリーバッグの中に入ったまま入り
バッグを縦にしてやっと引きずり出す始末。

注射自体はレオナが気づかないうちに何事も無く終え、
拍子抜け。
先生、ありがとうございました。(^_^.)

デジカメを忘れてまた写真は撮れず、
ブロガー失格か?

テーマ:柴犬 - ジャンル:ペット

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。